子どもキャリア塾とは

将来、大人になって「社会」に羽ばたいていく時に、
子どもたちが自分で自分の道を切り拓いていけるよう、

学校の成績や次の進学のため、ではなく
大人になってからの充実した人生のために必要な力
キャリア力を身に付けるための場です。

これからの未知なる新しい時代を切り拓く力を育くむべく、
社会で活躍されている様々な専門家の方から
直接学び、体験する機会を設けます。


▶キャリア力の3つの視点

これからの時代の子どもたちに、必要となるキャリア力を、
次の3つの視点から考えています。
(1)グローバル化:  多様性・即時性・地球規模
(2)革新性: これまでとは大きく異なる新しい時代の本格的幕開け
(3)人間性: 自我・意志・個性

▶育みたい5つの力

子どもたちに身に付けて欲しい5つの力を育むことを、
それぞれのカリキュラムで意識して取り組んでいきます。

(1)読み取る力・感性
(2)考える力・思考力
(3)まとめる力・企画力
(4)行動する力・意志・意欲・勇気
(5)伝える力・表現力

 

▶7つの切り口

新しい時代を切り拓くための力を育む7つの切り口・ジャンル

子どもキャリア塾 コンセプト図

(1)宇宙→ コズミック・ラボ
(2)発明→ 子ども発明塾
(3)ものづくり → ものづくりラボ
(4)IT  → ITキャンプ
(5)起業
(6)自然体験・生活体験
(7)・夢・生き方・幸せ感 → 講演会・相談会
プロの生き方に触れるインタビュー
  「キャリア★クルーズ」

 

▶就活の現状

現在、大学や大学院を卒業しても、
就活がうまくいかないという現状があります。

2013年大学卒業者の進路 文科省調べ

2013年春の時点で、文科省の発表では、
大学新卒者の内、安定的な雇用に就いていない割合は20.7%
人数で言えば、11万5千人にのぼるとか…。

また、企業に就職しても、3年以内の離職率は、32%
と、2013年の厚生労働省の発表もあります。

企業説明会などで、黒のスーツを着た就活生の大行列を見かけることが
珍しくなくなってきている現状、
現役大学生たちに話を聞いても、やりたいことが分からないとか
社会へ羽ばたいていく自分のこれからの人生を、
なかなか描き切れていない様子を見受けます。

自分の夢、理想の生き方について意識し始める
10歳くらいからの子どもたちに、
プロの方のお話を直接お聴きすることで
夢を描いたり、自分の学びの道筋を見い出し、
自信を持ってチャレンジできるよう
様々な機会を提供していきたいと思います。

 

▶未来学者の予測

2030年に存在する仕事の内、60%は現在存在しない

という予測もあると聞きます。

日本の現状を見ると、それは顕著かもしれません。
製造業をはじめとした仕事が、どんどん海外へと出ていき、
日本での産業自体が、大きく変化の時代を迎えています。

大企業も、新たなチャレンジをする時代、
子どもたちが社会へと出ていく未来には、
もっとずっと、新しい商品・価値・システムを創り出していく必要が
高くなることでしょう!

それを見越した上で、今ある職業・産業からの選択…ではなく
新しい時代や産業を「創り出していく力」を育むことを
重要視
して取り組んでいます。

TOP